×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パナソニック アルカリ乾電池 「EVOLTA(エボルタ)」

EVOLTA(エボルタ)は、松下電器産業が発表した新しい乾電池

EVOLTA(エボルタ)は、松下電器産業が発表した新しい乾電池で、世界トップレベルの高性能を実現しました。「EVOLUTION」と「VOLTAGE」から命名され、使用推奨期限を従来の5年間から10年間に延ばしました。単1〜単4までの全サイズをそろえて、4月26日から発売になります。


近頃は、乾電池に対するお客様のニーズもいろいろ変化してきています。具体的には「持続性」を求める声が年々増加しています。電池の封口部の部品を簡素化して活物質の内容量を増やしたほか、正・負両極に反応性を高める新材料を採用、材料の充てん度合いを高めて電池の反応効率を向上するなどの工夫がされています


その結果として電池性能が向上。松下電器によると、単3形乾電池を2本使用するデジタルカメラで撮影できる枚数は、アルカリ乾電池が170枚、オキシライド乾電池が250枚に対し、EVOLTA乾電池が260枚になるということです。実勢価格はオキシライド乾電池よりも1割弱高くなる見込みです。


EVOLTA乾電池は、国際的な基準に沿った放電試験の結果、世界で最も寿命の長い乾電池と認定されギネス世界記録に登録されました。EVOLTA乾電池のイメージキャラクター「EVOLTA」も、EVOLTA乾電池の販売に一役買っていきます。


長寿命かつハイパワーの乾電池

EVOLTA(エボルタ)は、松下電器産業が発表した新しい乾電池です。同社が長寿命かつハイパワーの乾電池として販売している「オキシライド」よりも長い寿命を実現し、使用推奨期限を従来の5年間から10年間に延ばしました。発売日は4月26日です。


さて、乾電池に対するニーズの多様化や、使用機器の省電力化の傾向、お客様の「長もち」を求めるニーズ煮対応するため、EVOLTAの乾電池開発に当たり、松下電器は電池の構造、材料、工法の各面に新技術を投入しました。


こうした取り組みもあて、電池性能が向上しました。価格はオープンです。予想実勢価格は、単1乾電池2本パックが570円前後、単2乾電池2本パックが420円前後、単3乾電池4本パックが590円前後、単4乾電池4本パックが590円前後になるようです。


EVOLTA乾電池のイメージキャラクターとして、「EVOLTA」という名前のオリジナルロボットがロボットクリエイターの高橋智隆氏によって開発されました。EVOLTA乾電池で駆動するロボットで、今後様々な挑戦をする予定だそうで、その模様は2008年夏頃に公開される予定です。


使用推奨期限を従来の5年間から10年間に延ばしました。

EVOLTA(エボルタ)は、松下電器産業が2008年1月15日に発表した新しい乾電池です。同社が長寿命、ハイパワーの乾電池として販売している「オキシライド」よりも長い寿命を実現、使用推奨期限を従来の5年間から10年間に延ばしました。


さて、乾電池に対するニーズは多様化しており、電池の封口部の部品を簡素化して活物質の内容量を増やしたほか、正・負両極に反応性を高める新材料を採用、材料の充てん度合いを高めて電池の反応効率を向上するなどの工夫がされています。そうして、お客様の「長もち」を求めるニーズに対応しました。


その結果、電池性能が向上し、使用推奨期限は従来の5年間から10年間になりました。単3形乾電池を2本使用するデジタルカメラで撮影できる枚数でもオキシライド乾電池が250枚に対し、EVOLTA乾電池が260枚に増えるそうです。価格はオープンですが、予想実勢価格は、単1乾電池2本パックが570円前後です。


EVOLTA乾電池のイメージキャラクターとして、「EVOLTA」という名前のオリジナルロボットがロボットクリエイターの高橋智隆氏によって開発されました。EVOLTAの背中には乾電池のEVOLTAが搭載されており、現在の見本のEVOLTAは単3乾電池2本を背負っています。今後開発されるEVOLTAは、挑戦内容やサイズによって使う乾電池のサイズや数が変わる見込みだそうです。